愛知学院大学 教養部のオリジナルWebサイトへようこそ
愛知学院大学教養部-領域を越えた知 豊かな人間性- 教養部HOME 愛知学院HOME

Web全体から検索 サイト内 を検索
研究室・教室 サイトマップ
教養部のポリシー 教科の構成と内容 教養セミナーとアドバイザー制度 学習支援室 教員紹介 附属研究所
HOME > 教科の構成と内容 > 人文科学(分野別)
教科の構成と内容
menu
人文科学
社会科学
自然科学
語学
健康総合
その他
お知らせ
語学

英語

どんな学問か?

教養部の「英語」は、必修科目と選択科目に分かれます。必修科目では、読む力、聞き話す力、書く力を養います。学生の希望調査に基づく習熟度別クラス編成(基礎、通常、中級の3コース)を行っていますので、自分にあったクラスで英語力を養成できます。選択科目は、それを発展した形で、どんなジャンルの英語能力をのばしたいかに基づいて、個人が選択できる科目です。「英会話」、「メディア英語」(時事英語等)、「実践英語」(TOEIC等検定試験対策)などがあります。


日本語

どんな学問か?

日本語教育は、通常、日本語を母語としない人に対して日本語を指導し、その学習を支援する言語教育の一分野です。
世界では、2012年現在、136か国・<地域>で約399万人が、国内では約14万人が公的機関で日本語を学んでいます。日本語を学ぶ人およびその目的は多様化しており、そのため、日本語教育の内容も方法も日々新たな挑戦が要求されています。
大学における日本語教育の主な目的は、留学生が大学の勉学に対応できる日本語能力と日本語コミュニケーション能力がもてるように支援することです。しかし、近年は、日本語母語話者(日本人学生)に対する「日本語」の教育も広く行われています。

・担当教員
野田大志


ドイツ語

どんな学問か?

ドイツ語はドイツの他にスイスやオーストリアでも話されています。EU(欧州連合)に限れば、英語に次いでよく使われている言語です。ドイツ語を介して、ドイツの様々な文化を学ぶことは、ヨーロッパの今を知ることにつながります。またドイツ人は、長い歴史の中で個人や世界のあり方について考察を深めてきました。現代社会が抱えている共通の複雑な問題(国家と個人の関係・環境問題など)と取り組む場合、大いに参考になります。

・担当教員
糸井川修 / 福山悟


中国語

どんな学問か?

中国語教室が担当する科目は中国語と中国文化事情に大きく分かれます。1年次生の選択必修科目となっている「中国語T・U」では、発音の習得に重点を置くとともに中国語の簡単な構造を学ぶことによって、中国語の基礎を身につけることを目指します。また、さらに一歩進んだ中国語の力をつけたい学生に対しては、2年次生以上に選択科目の「中国語V・W(読解)」、「V・W(表現)」、「V・W(総合)」と「中国語会話T・U」を開講しています。中国文化事情は1年次生対象の半期科目です。言葉の背景にある中国の社会や文化について講義をし、中国語及び中国に対する理解をより深められるようにしています。


フランス語

どんな学問か?

近代文明の基礎となった「自由・平等・友愛」というモットーは、今やフランスだけではなく、全世界にも有効な思想となっています。こうした思想を生み出したフランス語を学ぶことで、人間を大切にするフランス人の心に触れてみませんか。1年次に開講されている「フランス語T・U」では、日常会話を中心としたフランス語の基礎的な知識を、また「フランス文化事情」では、フランスの文化全般についての知識の習得を目指します。2年次開講の「フランス語V・W」と「フランス語会話T・U」では、1年次に獲得したフランス語の運用能力をさらに高めることを目的としています。

・担当教員
尾崎孝之 / 堀田敏幸


韓国語

どんな学問か?

本教室では、第二外国語としての韓国語および韓国文化について学習します。その際、ことばの習得のみならず、朝鮮半島の文化・社会・歴史に対する理解を深めるとともに、アジアを舞台に活躍できる国際感覚豊かな人材の育成を目指します。「韓国語T・U」では、基礎的な韓国語を学習し、入門編にふさわしい会話を楽しみます。「韓国語V・W」では、「会話」・「講読」・「韓国語能力試験」クラスに分かれ、学生の必要に応じた実践的な韓国語能力を身につけることになります。韓国文化事情では、朝鮮半島の文化的特色について体系的・学術的に学びます。

・担当教員
文嬉眞


戻る ページトップへ