愛知学院大学 教養部のオリジナルWebサイトへようこそ
愛知学院大学教養部-領域を越えた知 豊かな人間性- 教養部HOME 愛知学院HOME

Web全体から検索 サイト内 を検索
研究室・教室 サイトマップ
教養部のポリシー 教科の構成と内容 教養セミナーとアドバイザー制度 学習支援室 教員紹介 附属研究所
HOME > 教科の構成と内容 > 人文科学(分野別)
教科の構成と内容
menu
人文科学
社会科学
自然科学
語学
健康総合
その他
お知らせ
自然科学

数学・統計学

どんな学問か?

数学・統計教室が担当する教科は「数学T・U」と「統計学T・U」です。「数学T・U」では担当者が専門領域を主として解析学(微分・積分)と線型代数(行列と行列式)及び数学基礎論を教えています。それぞれの担当者は高校の数学との接続を考えて復習から、学部の専門教育科目において必要とするところまで指導しております。「統計学T・U」ではデータの整理(記述統計)から推測統計(仮説検定)までの領域を教えています。コンピュータの出力結果も統計理論を十分理解しないとその結果の統計的な意味が理解できないので統計理論も重要です。

・担当教員
久馬栄道 / 南裕明


情報科学

どんな学問か?

「情報科学」は「コンピュータサイエンス」にほぼ同義だと言ってよいだろう。つまり、コンピュータに関する科学である。そこには実に多用な分野が含まれるが、中でも計算数学と情報通信の理論が柱となるものであろう。たとえば、暗号理論という分野もあるが、それは計算量理論なしには展開できない。よって暗号理論もまた情報科学の一分野だと言ってよい。

・担当教員
虎澤慶太 / 山下秀康


物理学

どんな学問か?

物理学は、自然科学の土台をなす学問であり、物事にとって何が本質的に重要であるのかを実証的に追及する。物理学の知識と手法は、自然科学系の学生にとってはそれぞれの専門課程の科目を習得する基礎となり、文系の学生にとっては様々な問題を抱える現代社会で活躍するための基礎となる。
物理学教室は、実験(「物理学実習」)や視聴覚機器を利用した講義(「物理学T・U」、「物理学の基礎」)により、受講生が基礎的な物理学の知識および事実に基づいた柔軟な思考力を獲得できるように教育を行っている。


化学

どんな学問か?

化学教室は現在、常勤教員4名、非常勤講師2名、実験助手3名、共同研究者2名の世帯である。全学部に向けた講義とセミナー、歯・薬学部の実習および各自の研究が仕事である。化学と聞けば亀の甲や暗記や計算の大変な科目というイメージを持たれる方が多いと思うが、必須として化学を必要とする学科以外にはそのような教育は行っていない。当教室教員は出身学部が色々で、ここへ来る前の経歴も様々なのでそれらに基づいた分かりやすい教育に腐心している。


生物学

どんな学問か?

生物学教室には4人の教員がいます。教養部という部門で、広く学生に生物学を講義するため、いろいろな研究分野のヒトが在籍している。各人の研究テーマは次の通りである。

浅原 正和:哺乳類の歯や頭骨のかたちの進化を研究している。また、生物学的な研究以外にも、生き物と関連した人間の歴史にもテーマの幅を広げている。

池田 健:細菌類に薬剤耐性をもたらす薬剤排出ポンプの機構を研究テーマにしている。特に多くの薬剤を排出する多剤耐性の機構は医学的にも注目されている。

遠藤 哲也:両生類と哺乳類の四肢再生に関する研究。教養教育としてのサイエンスコミュニケーションに関する研究。

溝口 明:昆虫の環境による発生調節に関心があり、主に昆虫インスリン様ペプチド類や前胸線刺激ホルモンに焦点を当てた研究を行っている。


戻る ページトップへ