外国語視聴覚研究センター

藤田 淳志
主任:藤田 淳志
勝股 高志
所長:勝股 高志

LL教室2室では最新の機器とソフトウェアを利用して、英語および未習外国語である韓国語やドイツ語などの授業を行っています。各教室には48台の学生用パソコンが用意され、学習者が自分の語学能力に適した速度で効率的に学ぶことができるようになっています。

自習室ではパソコンを使用してTOEICの問題練習ができるようになっていますし、DVDソフトも豊富にそろえていますので、映画を利用した語学学習もできます。語学の力を伸ばしたいと思っている方は是非LLセンターにきてください。学習方法の相談にも応じます。


藤田 淳志
主任:藤田 淳志
勝股 高志
所長:勝股 高志

語学研究所

吉井 浩司郎
副所長:吉井 浩司郎
堀田 敏幸
所長:堀田 敏幸

昭和38年に発足した本研究所は、本学教養部の英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語担当の専任教員29名によって構成され、所長、副所長および若干名の委員によって運営されています。

そして本研究所では、外国語の総合的研究につとめ、大学生への外国語教育の向上を図るために下記の事業を行っています。

堀田 敏幸
所長:堀田 敏幸
吉井 浩司郎
副所長:吉井 浩司郎

  1. 1.外国語および外国文化に関する組織的研究
  2. 2.外国語教育活動の調査と分析
  3. 3.研究成果の発表
  4. 4.研究所紀要の刊行
  5. 5.講演会
  6. 6.その他設立の目的達成に必要な諸事業

具体的な活動としては、研究機関誌『語研紀要』を発行し(昨年度:通巻第37号)、研究発表会(昨年度:第25回)と講演会(昨年度:第14回)を開催しています。

このような活動は、所員にとって切磋琢磨の場となるとともに、その成果は本学における外国語教育の充実のために還元されています。

尚、『語研紀要』第25巻第1号から31巻第1号は国立情報学研究所が電子化した上でインターネット上に公開しています。

語研紀要バンクナンバーの
ダウンロード

この資料の閲覧には、「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader」はこちらより、無料ダウンロードができます。