概要

大学は、自ら学ぼうとする人のためにあります。学生の皆さんは、知識を獲得する姿勢を受動型から能動型へと転換し、関心のある分野の学習・研究方法を身に付けなければなりません。 教養セミナー I・II 「学問の発見」は、各担当者が創意工夫したバラエティーに富む内容となっており、少人数のセミナー形式で実施されます。

授業の中では、ノートの取り方やレポートの書き方等のスタディスキルと 学生としての行動規範等のスチューデントスキルも扱っていきます。

また、教養セミナー I・II の担当者は、学生の皆さんの1・2年次のアドバイザーとなります。 アドバイザーは、授業や成績配付、学生生活や履修上の相談等を通じて、皆さんの大学生活をサポートします。

「知の旅立ち」(教養セミナー学生論集)について

知の旅立ち

この論集は、学生諸氏が「教養セミナー」の授業を通じて学び取った多様な成果に基づいて書き上げた、優秀な論文や意欲作を発表するためのユニークな刊行物です。

また、本誌は大学での各種研究への好奇心や学習意欲を触発するために役立てていこうという意図で、毎年新1年生に配布されています。

この資料の閲覧には、「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Reader」はこちらより、無料ダウンロードができます。

アドバイザー一覧とセミナーのテーマ